関数の描画スタイル

plot コマンドや splot コマンドなどでグラフを描画する際に,そのつど描画スタイルを指定するのは面倒です. そこでgnuplotにはデフォルトの描画スタイルを設定するコマンドが用意されています.
ここでは関数を使用してグラフを描画するときのスタイル (以下 関数の描画スタイルと呼びます) を設定する方法を紹介します.


関数の描画スタイルを設定する

関数の描画スタイルを設定するには set style function コマンドを使用します.

書式

set style function <スタイル>

<スタイル> に指定可能なオプションは描画スタイルをご覧下さい.

gnuplot> set style function boxes # 描画スタイルをboxesに変更
gnuplot> plot sin(x)

出力

グラフの関数の描画スタイルを設定した結果

関数の描画スタイルを初期化する

set style function コマンドで設定した描画スタイルを初期化するには unset style function コマンドを使用します.

書式

unset style function

関数の描画スタイルの状態を表示する

関数の描画スタイルがどのように設定されているかを確認するには show style function コマンドを使用します.

書式

show style function

gnuplot> set style function dots # 描画スタイルをdotsに変更
gnuplot> show style function

出力

Functions are plotted with dots