自動縮尺

自動縮尺を設定するとグラフが上手く収まるように gnuplot が自動的に描画範囲を決定してくれるようになります. なお,gnuplot はデフォルトで全ての軸に対して自動縮尺が設定されています.
ここでは gnuplot で自動縮尺設定を変更するための方法を紹介します.


自動縮尺を使用しない

前述のとおり gnuplot はデフォルトで自動縮尺が設定されています. 自動縮尺を使用しないようにするには unset autoscale コマンドを使用します.

書式

unset autoscale <軸>

ここで <軸> には,x, y, z, cb, x2, y2, xy のいずれかを指定します.<軸> が指定されなかった場合は全ての軸が対象となります.

gnuplot> unset autoscale y # y軸の自動縮尺を使用しないようにする
gnuplot> plot sin(x) # 正弦波をプロット

出力

y軸の自動縮尺を使用しない設定をしたsin(x)

自動縮尺を使用する

手動で自動縮尺を使用するようにするには set autoscale コマンドを使用します.

書式

set autoscale {<軸>
    {|min|max|fixmin|fixmax|fix} | fix | keepfix}

ここで <軸> には,x, y, z, cb, x2, y2, xy のいずれかを指定します.<軸> が指定されなかった場合は全ての軸が対象となります.

min または max を指定すると,その軸の最小値,または最大値のみが自動縮尺されます.

fixminfixmaxfix を指定すると,等間隔の目盛りの自動縮尺時の次の目盛り位置までの範囲の自動拡大が行われなくなります.set autoscale fix はこれを全ての軸に対して設定します.コマンド set autoscale keepfix は直前の fix の設定を維持したまま全ての軸を自動縮尺にします.

gnuplot> unset autoscale # 自動縮尺を使用しないようにする
gnuplot> set autoscale y # y軸の自動縮尺を使用するようにする
gnuplot> plot sin(x)

出力

sin(x)

自動縮尺の状態を表示する

自動縮尺がどのように設定されているかを表示するには show autoscale コマンドを使用します.

gnuplot> unset autoscale x # x軸の自動縮尺を使用しないようにする
gnuplot> show autoscale # 自動縮尺の状態を表示

出力

autoscaling is  x: OFF,         y: ON,
                x2: ON,         y2: ON,
                z: ON,  cb: ON,